中国の風水について 前編

更新日:2021年3月17日


こんにちは!『Bobee~台湾式・風水アイテムの館~』です


私たち、Bobee~台湾式・風水アイテムの館~で販売しているアイテムは、

全て道教の修業を積んだ台湾人、萬法宗師が一つ一つ祈祷をし、

神の御力を宿して皆様のお手元にお届けしてます。

※道教についてはコチラ


前回第3回のブログで台湾人と日本人にとっての風水をご紹介しましたが、

元々風水は中国発祥と言われています。なので第4回目の今回のブログでは、

中国の風水をご紹介します。


中国で生まれた風水


風水は、今から4,000年前に発祥したと言われ、特に中国の風水は

天・人・地の3つの「気」が調和することを大切にしていて、

正式名称を「風水地理」と言います。


元々、風水は道教の経典ともいわれる「仙道五術」に含まれていて、この

「仙道五術」には、山で仙人になるための修業をするための体術、

怪我や病気をした時のための役総額や医学、自分の将来を見通すための易学

などが書かれています。


風水地理の本質は、仙人になるためにはどこでどのような修業を

すればいいかというのを見極めるものだったようです。


地理風水は2部構成になっている


地理風水は大きく2部構成になっています。都市や住居の吉凶を占う

「陽宅風水」、先祖を祀るお墓の吉凶を占う「隠宅風水」の2部です。


恐らく、私たち現代の日本人が「風水」と言われて連想するのは

「陽宅風水」の方ではないでしょうか。

「陽宅風水」は、「気」の存在や時間の流れから、

「私たちのの暮らしを快適するにはどうすればよいか」を

導いてくれる思想です。


「隠宅風水」は、一言で言うとお墓の風水で、風水の良い地にお墓を

建てることで、その子孫たちに良い影響を与える、というものです。

日本でも、徳川家康のお墓が風水的に良いという考えで、日光東照宮に

建てられているのも割と有名なお話ですよね。


本日は以上です。続きはまたこのブログでアップをしていきますね。


ではまた第5回のブログでお会いしましょう(^^)/

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは!Bobee~台湾の暮らしを日本でも~スタッフの瀧澤です。 この度、私たちがご提供させて頂いている台湾・仰天宮の占い横丁をオンラインでつなぐ「オンライン占い」が1周年を迎えました。 これもひとえに、これまでご参加を頂きました多くのお客様に支えて頂いたおかげだと思っております。 この場をお借りして厚く御礼申し上げます。ありがとうございます。 これからも、洪辰雨先生、徐實琴先生、花子先生と、