台湾のパワースポット紹介~圓山大飯店~




先日から、台湾のパワースポットと呼ばれている場所をご紹介しています。その土地のパワーと自分のエネルギーを混ぜ合わせて、明日からの活力にしましょう!


~司馬庫斯(スマグス)~はコチラ>>>



金のパワー


台北のランドマークでもある「圓山大飯店」。高台でひときわ目を引く圓山大飯店の美しい姿は、観たことがある人も多いのではないでしょうか。剣鐸山の山裾、どこからも見え、どこまでも一望できるこの場所には、日本統治時代に台湾総鎮守の「台湾神宮」がありました。


その山側エントランスのロビーには金の龍が鎮座しています。戦時下の供出や台湾神宮の全焼の中で奇跡的に生き残った「銅龍」が、今は金を施されたこの「金龍」となってホテル内に飾られているのです。




かつて日本統治時代、台湾には184ヶ所の神社がありました。(官幣社など国設置68ヶ所、社・祠など居留者設置116ヶ所)。しかし、日本敗戦後はすべて廃社されました。


台湾神宮の跡地は、まず台湾政府所管のホテルが建てられ、その後に経営権が圓山大飯店に移り、現在に至っています。


昭和天皇皇太子時代の台湾行啓には、大きくまっすぐな「勅使街道」が造られました。台湾神宮へ参拝するためのその道は、町の中心部から高台へと続いていました。


その道が、今も台北中心部を南北に貫く大通り「中山北路」として、まっすぐこの高台へ延びています。


ホテルの内装も調度品も素晴らしく、一流の職人たちの魂が宿り、台湾生粋のパワースポットとなっています。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは!Bobee~台湾の暮らしを日本でも~スタッフの瀧澤です。 この度、私たちがご提供させて頂いている台湾・仰天宮の占い横丁をオンラインでつなぐ「オンライン占い」が1周年を迎えました。 これもひとえに、これまでご参加を頂きました多くのお客様に支えて頂いたおかげだと思っております。 この場をお借りして厚く御礼申し上げます。ありがとうございます。 これからも、洪辰雨先生、徐實琴先生、花子先生と、