台湾の変わった文化を紹介~電音三太子



「三太子」を知っている日本人の方は少ないのではないでしょうか?「三太子」とは中華民族の伝説上の人物、哪吒(ナージャ、ナタとも)のことを指します。ナージャは神の兵を率いる少年神で、二つの車輪がつながった乗り物(風火二輪)を駆り、移動が早いのが特徴。このため、タクシーやトラック、観光バスの運転手たちに信仰されています。


台湾における道教の神様の誕生日を祝う「廟会」(縁日のようなもの)では、大きなお面をかぶり衣装を着て「三太子」に扮した人が大股で練り歩くことがあります。あくまでも伝統的な活動であり威厳の漂う行進ですが、頭でっかちの扮装は何だか可愛らしいですよね。


そのためか、数年前から新たな「三太子」、「電音三太子」があちこちに出没するようになりました。




ここでいう「電音」とはテクノっぽくダンスミュージックにリミックスされた楽曲。「電音三太子」は、いわばディスコ調の曲に合わせて激しく踊りまくる「三太子」です(笑)。数人で現れてそれぞれが異なるステップで踊っていたかと思えば、要所要所で動きをピタリと合わせてくるユーモラスなダンスで、伝統的な「廟会」に新風を吹き込んでいます。



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは!Bobee~台湾の暮らしを日本でも~スタッフの瀧澤です。 この度、私たちがご提供させて頂いている台湾・仰天宮の占い横丁をオンラインでつなぐ「オンライン占い」が1周年を迎えました。 これもひとえに、これまでご参加を頂きました多くのお客様に支えて頂いたおかげだと思っております。 この場をお借りして厚く御礼申し上げます。ありがとうございます。 これからも、洪辰雨先生、徐實琴先生、花子先生と、