台湾の日常 正月の過ごし方 (元宵節)




「元宵節」は日本でいう「小正月」です。旧正月のことを台湾の人たちはよく「過年」とも言いますが、この「元宵節」は、「小過年」とも呼ばれていて、数ある年間行事の中でもお正月の締めくくりとして、旧正月=「春節」に次ぐ、にぎやかな大型伝統文化イベントが行われます。


台湾ランタンフェスティバル(台湾燈會)は、1990年からスタートし、旧正月のシーズン年々人気を集めている台湾を代表するお祭りです。国を挙げて行われる台湾ランタンフェスティバルは、各年で選ばれる台湾国内の選定された都市で行われます。その他、台北、高雄などの主要都市では、市主催のお祭りも開かれます。





今年行われる「2022年台湾ランタンフェスティバル」は主催地が高雄市になり、「伝統とイノベーションを越えて」というコンセプトで企画されています。伝統的なランタンアートに異なるジャンルのアート、ハイテクを取り入れ、工芸家や芸術家が創意を発揮できる選択肢を広げたことで、ランタンフェスティバルは国内外の工芸家や芸術家、ランタン職人が創作の幅を広げられる場となり、来場者がランタン作品と触れ合い、新たな体験ができる場を創り出しています。伝統的なランタン製作技術が伝承されているだけでなく、新しいアイデアによってこれまでにない要素が盛り込まれ、「伝統」と「現代」の融合により、伝統的な民俗行事を奥深いものにし、中華圏では個性的な元宵節イベントとなりました。


衛武営会場-マインランタンエリア 2/15-2/28


来年は海外旅行が解禁になることを願って、来年の台湾の伝統イベント『光の祭典』を楽しんでみてはいかがですか?


2022年台湾ランタンフェスティバルについて>>


台湾の日常旧正月の過ごし方 (年貨大街)について>>


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは!Bobee~台湾の暮らしを日本でも~スタッフの瀧澤です。 この度、私たちがご提供させて頂いている台湾・仰天宮の占い横丁をオンラインでつなぐ「オンライン占い」が1周年を迎えました。 これもひとえに、これまでご参加を頂きました多くのお客様に支えて頂いたおかげだと思っております。 この場をお借りして厚く御礼申し上げます。ありがとうございます。 これからも、洪辰雨先生、徐實琴先生、花子先生と、